専門家に相談をする

カウンセリングの専門家

 カウンセリングと言えば、様々な悩みを解決するための心理面接でありますが、専門的な技術を要するため、カウンセリングを行うための専門家というのも存在しています。その専門家の代表的とも言えるのが臨床心理士でしょう。臨床心理士は通常、指定大学院を卒業後、資格試験に合格した者だけがなれる心の専門家です。カウンセリングは勿論、心理検査についても習熟しており、言語コミュニケーションのみならず、心理検査を併用しながら、対象者を理解します。また、大学院での専門課程において、集中的に専門技術を学ぶため、カウンセリングを通して、相談に訪れた人の悩みを解決することに大きく貢献することもできます。臨床心理士は多くの場合、精神科の病院にいますが、個人で活動している場合もあります。

様々な心理面接について

 臨床心理士が行うカウンセリングや心理面接にも様々な技法が存在しています。おそらく、一般的なカウンセリングのイメージに最も近いのは精神分析療法や来談者中心療法という方法です。これらは相談に訪れた人が主に話をし、それを聞いて話をまとめたり、解釈を行うことで対象者の問題解決を目指すというものです。カウンセリングというと、相談者が主に話し、臨床心理士がそれを聞くというイメージがありますが、この他、臨床心理士が主体的に話をし、問題解決に導くというやり方もあります。それが最近主流となってきている認知行動療法です。これは物事の捉え方や、行動を望ましいものに変えていくという方法で、主に学習理論に基づいて進められる方法です。