精神的疾患

精神的な疾患の発症要因を探る

現代社会では職場や家庭においての人間関係の維持や構築が困難になってきており、「ストレス」という形で人々を追い詰めているケースが見受けられます。ストレスが過剰となった場合は、うつ病やパニック障害、対人恐怖症などの精神疾患を発症し、長期間にわたって治療等を受けざるを得ない状況となることもあります。その際には心療内科や精神科の医師(特に精神保健指定医)の診療を受けることで、通院精神療法(あるいは入院精神療法)などの精神科専門療法を受けることが可能となります。また専門医師や臨床心理士などが行うカウンセリングにおいても、心理検査やこれまでの経緯などから、心底に潜む健全な精神状態になることを阻害する要因などを調査し、葛藤などを取り除く必要があります。

カウンセリングにかかる費用について

前述したような精神科専門療法としてのカウンセリングであれば、保険適用となり各患者の保険割合(または自立支援法による免除もあります)でのお支払いとなります。但し当然保険診療以外でのカウンセリングの希望もありますので、その場合は全額自己負担と言う形となります。カウンセリングの一般的な金額は3,000円から10,000円ほどとなり、多くの場合は予約制となります。また近年では純粋な医療機関以外に「セラピスト」や「カウンセラー」と称する人たちによるものもあり、様々な形でのカウンセリングが実施されています。この場合の費用は高額になることも多く、著名な施術者ともなると数万円単位となる場合もありますが、効果のほどはわかりません。